Reactとは何か?3分で理解する

IT知識全般

Reactとは、オフィシャルサイトからそのまま引用すると

React はユーザインターフェイスを構築するための、宣言型で効率的で柔軟な JavaScript ライブラリです。複雑な UI を、「コンポーネント」と呼ばれる小さく独立した部品から組み立てることができます。

とのことです。つまり一言で言うとUIを作る為のJavaScriptライブラリです。

その歴史はMeta(旧facebook)社のエンジニア、によって開発され、2011年にfacebook、2012年にInstagramで使用され、2013年にオープンソース化されました。現在では様々なサービスで利用されています。

React.jsまたはReactJSと呼ばれることもあります。

Reactを使うメリット

・高効率レンダリング

Reactでは実際のDOMではなく、仮装DOMとしてメモリ上にDOMの状態をキャッシュしておき、実際のDOMと比較して差分のみを反映させることでHTMLが高速でレンダリングされます。

・コンポーネントベースで管理・改修がしやすい

カプセル化されたコンポーネントをまず作成し、これらを組み合わせることで複雑なユーザインターフェイスを構築していく為、改修の際、該当のコンポーネントを修正するだけ済み、管理がしやすい状態になります。

・モバイルアプリケーションでも使用可能

React Nativeを使うことでiOS , AndroidのアプリでもReactの使用が可能です。

・オフィシャルサイトのチュートリアルがわかりやすく学習を始めやすい

Reactのオフィシャルサイトでは日本語のチュートリアルがあり、またCodePenのサービスを使えば、最初に開発環境を作成する必要もなく学習を開始できます。

以上、Reactを3分で理解する説明でしたー

参考文献

Reactオフィシャルサイト

CodePen

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

wikipedia