PATHを通すとは何か?3分で理解する

IT知識全般

プログラミング初学者や、ITに関しての知識がない方が何かの環境構築をする時、呪文のように感じてしまう言葉。

「PATH(パス)を通す」

詳しいことはわかんないけど、とりあえず言われた通り(説明の通り)やっておけー!って人も多いのではないでしょうか??

まぁそれでも、とりあえずは問題ないですが、この「PATHを通す」を根本的に3分で理解できるようにまとめてみました。

「PATH(パス)を通す」とは?

まず「PATH(パス)」とは、「コンピューター内のフォルダやファイルの場所を示す住所みたいなもの」です。

で「PATH(パス)を通す」とは、一言で言うと、

「●●の実行ファイルがこのPATH(パス)の中にあるよー」と記載しているリストに追加する事です。

何えそんな事をするの?

まず「実行ファイル」というものを理解する必要があります。ざっくり言うと

「コンピューターが何か実行するときのプログラムファイル」

Windowsで言うと例えば「●●.exe」みたいなファイル。MacやLinuxで言うと例えば「ls」コマンドを実行する為の実行ファイルは「/bin/ls」このPATHにあります。

で、この実行ファイルを実行したい時、

  • その実行ファイルのPATH(場所)を指定して実行する
  • (今いる場所にその実行ファイルがない場合)その実行ファイルが存在している場所まで移動して、実行する

しかし、「PATH(パス)を通す」事をしておけば、

「●●の実行ファイルがこのPATH(パス)の中にあるよー」と記載しているリストに追加する事です。

実行ファイルがある場所まで移動したり、その実行ファイルが存在する場所まで移動したりしなくても、どの場所からでも、その実行ファイルを実行する事が出来るのです。

MAC / Linuxの場合のPATH関連コマンド

・実行ファイルを探したい場合(例 : ls )

which ls

・そのコンピューターに設定されているPATHを確認する

echo $PATH

・PATHを追加したい場合

export PATH=$PATH:追加したいコマンド検索パス

・追加したPATHを反映させる

.bashrcへ反映させたい場合
source ~/.bashrc

.bash_profileへ反映させたい場合
source ~/.bash_profile

参考文献