HTTPとは何か?3分で理解する

IT知識全般

HTTPとは何か??と聞かれた時に、サクッと説明できますか???

「なんとなくはわかってるけど、、、、」

「WEBサイトのURLの最初に付いているもの???」

そんな感じのふんわり理解している人の為に、HTTPとは何か3分で理解する説明です。

まずはプロトコルを理解する

プロトコルとは、通信をする時の規約。つまり通信をするときの決まり事です。

で、そのプロトコルと呼ばれている、決まり事にはは、色々な種類があり、例えば、POP,SMTPやFTPなどがあり、その中の一つにHTTPもあります。

そして、それぞれに主な用途があり、

POP,SMTPは、主にメールの送受信など、

FTPは、主にファイル転送など

HTTPは、主にWEB閲覧など、

で使われる事が多いです。

HTTPとは?

先述の通り、HTTPは通信プロトコルの一種で、正式に書くと「HyperText Transfer Protocol」です。

具体的にWEBサイトの閲覧の際を例にすると

  1. あなたのPC(クライアント)から「WEBサイト見せて〜」とリクエストを送る
  2. サーバからレスポンスがあなたのPCへ送られてくる

というような、WEBサイトを閲覧する時の「あなたのPC(クライアント)」と「サーバ」の通信のやりとりをするときの、

通信をする時の規約。つまり通信をするときの決まり事

はHTTP(またはHTTPS)が使われています。

ちなみに、HTTPSは、HTTPの通信と違う点は「通信を暗号化したもの」である点です。

また、HTTPの規約は、歴史があり、、、、、ま、バージョンみたいなものですね。

最初はHTTP/0.9 が1991年にできました。それからHTTP/1.0 , HTTP1.1 と、色々変わりながら現時点(2021年12月)の最新版はHTTP/3です。

以上、HTTPとは何か?を3分で理解する説明でした〜

参考文献