テスターのスキル評価方法

IT知識全般

テスターのスキル評価方法

テスターのスキルを明文化したい場合、どのようにしたら良いか迷ったことはありませんか??

JSTQB Advanced Level シラバス テストマネージャの「7.3 テストチームの力学」の章にそのヒントとなる文章があります。

そのシラバスに書いていることをざっくりまとめると、

大きく2つ

  • 技術的な面
  • コミュニケーション能力

この2つを軸に評価例が示されています。

技術的な面の評価例

  • 要件ドキュメントからテストケースを作れるか?
  • 要件やコードなどを見てレビューできるか?
  • レビューコメントを明確で分かりやすく、目的に沿った形式で記述できるか?
  • 特定のシナリオでさまざまなテスト技法(例えば、デシジョンテーブルしたり)を適用できるか?
  • 不具合の影響度、重要度を適切に評価し、正確にレポートできるか?
  • 欠陥分類情報の理解度をはっきりと示すことができるか?
  • 欠陥の根本原因の理解度をはっきりと示すことができるか?
  • ツールを使用して、正常系テストと異常系テストを含む、特定の API をテストすることができるか?
  • SQL を使用してデータベース情報を検索および変更し、特定のシナリオをテストすることができるか?
  • 複数のテストを実行して、テスト結果を収集するテスト自動化ハーネスを設計する。
  • 自動化したテストを実行し、故障のトラブルシューティングをする。
  • テスト計画、テスト仕様を作成することができるか?
  • テスト結果のアセスメントを含むテストサマリレポートを作成することができるか?

というような感じです。

コミュニケーション能力の評価例

  • 都合の悪いことでもちゃんと報告できるか?
  • とっつきにくい相手にも、ちゃんと都合の悪いことを報告できるか?
  • 同僚をトレーニングできるか?
  • 上司にも意見、提案ができるか?
  • 同僚にもちゃんと意見が言えるか?
  • 同僚の話しにちゃんと耳をかたむけられるか
  • 人をほめられるか?

というような感じです。

まとめ

当然、現場によって何が大事かは変わるので、必ずしも上記が全て当てはまるとは思いませんが、

テスターの評価や、採用の際の評価基準例として使ってみてはいかがでしょうか??

参考文献

JSTQB Advanced Level シラバス日本語版 テストマネージャ