サードパーティークッキーとは何か?3分で理解する

IT知識全般

今回は、Chromeやsafariでブロックされるようになる(なった)事でも話題のサードパーティークッキー(3rd Party Cookie)について3分で理解する説明です。

まずクッキーとは

ここで言うクッキーとはHTTP Cookieの事です。

クッキーとは簡単に言うと、Webサーバとクライアント間で(小さな)データを維持・管理するための仕組み。という感じでしょうか。

つまり、Webサイトにアクセスした際

Webサーバ側からWebブラウザ側へ(小さな)データを渡し、

その後のやりとりでは必ずそのデータをWebブラウザ側からwEBサーバ側へ送るようにするクッキーの仕組みを使うことで、

例えばログイン情報を保持したり、ショッピングカートへ入れて商品を保持したりすることができる仕組みです。

ちなみに、自分が使っているChromeブラウザに保存されているクッキーを確認したい時は、

ChromeのURL欄に

chrome://settings/siteData

と入力し、Enter!で、一覧表示できます。

で、サードパーティークッキーとは

自分で訪れたWebサイトのドメインがWebブラウザへ保存するクッキーがファーストパティークッキーと呼ばれています。

しかし、実は訪れたサイトのドメインのクッキーだけでなく、

そのサイトに埋め込まれている広告など、違うドメインのクッキーもWebブラウザへ保存させることができます。

このような第三者の発行し、保存させたクッキーがサードパーティークッキーです。

例えば、海外のWIFIレンタルについてググって調べた時、訪れたサイトで表示した、とある広告が、

その後も色々なサイトでしつこく同じ広告が表示される・・・・なんてことはありませんか??

このようにサードパーティークッキーを利用して広告配信などは行われていたりします。

サードパーティクッキー排除とは

Googleはプライバシー強化の観点から、Chromeは2022年を目処にサードパーティークッキーを排除すると発表しました。

が、その後、完全廃止は2023年後半まで延期されたようです。

ちなみにSafariの方は既にデフォルトで完全ブロックするようになっています。

というわけで、今回はサードパーティークッキーについて3分で理解する説明でしたー

全国50都市で開催したプログラミング講座がオンライン・無料開催【テックジム】

参考文献