テスト / 品質関連メトリクスまとめ

テスト用語

テストや品質評価においてメトリクスを取得し、分析する事は大事な事です。

そもそもですが、まずメトリクスとは

計量/計量尺。例えば欠陥検出率など、定量化できるもの

のことです。

テストや品質評価における、品質を定量化する為の手法、計算式や考え方をまとめてみました。


◾️故障率 = 故障回数÷動いていた時間の合計

故障率とは一定期間内にどれくらい故障するか???というのを表した確率です。


欠陥検出率(DDP) =検出バグ数÷当初保有バグ数×100

ちなみに欠陥検出率とはソフトウェアテスト標準用語集では

あるテストレベルで見つけた欠陥の数をその
テストレベル、及び、以降のテストレベルで見つけた欠陥の総数で除算した値

と定義されています。


カバレッジ(網羅率)

テストがどれだけ実行したかを表した値ですが、カバレッジの取り方は色々な種類があります。

などなど、全部ひっくるめてコードカバレッジと言ったり、、

ほかにも色々とある。


バグ密度 = バグ数 ÷規模

ソフトウェアテスト標準用語集では(欠陥密度となってますが)

コンポーネント又はシステムの中で識別された欠陥の数をコンポーネン
ト又はシステムのサイズで割った値。

と定義されています。

計算式の「規模」は、一般的に機能数やプログラムの行数などで定量化します。

以上、

品質を定量化する為の手法、計算式や考え方をまとめてみました。

参考文献

20代のフリーター向けの就職支援サービス