バグ密度を3分で理解する

テスト知識全般

バグ密度とは、別の言い方では欠陥密度とも言われますが、

ソフトウェアテスト標準用語集では

コンポーネント又はシステムの中で識別された欠陥の数をコンポーネン
ト又はシステムのサイズで割った値。(サイズを表す標準的な尺度には、コード行数、クラス数、又はファ
ンクションポイント数がある)

と、定義されている。

つまり・・・・・

バグ密度 = バグ数 ÷規模

どの部分でどんくらいバグが発生しているかを定量化して、

プログラマーのスキル不足やテストの不足を見つける指標とするものです。

テスト、品質関連のメトリクスは他にも色々あります。

こちらの記事をご参考に。。。

テスト / 品質関連メトリクスまとめ

ちなみに、バグ密度は意味ねーという意見もあります。

一応、ご参考までに・・・・。

参考文献