シナリオテストとユースケーステストの違いを3分で理解する

テスト技法

「シナリオテスト」と「ユースケーステスト」、どちらもブラックボックステストのテスト技法で、

現場では、ごっちゃになってそれらの言葉を使っていることも多いのではないでしょうか???

どちらもユーザの行う操作に沿って行うテストで、ISTQBの用語集でも「ユースケーステスト」は以下のように定義されており、

ブラックボックステスト技法の一つ。ユースケースの動作を実行するようにテストケースを設計する。
Synonyms: シナリオテスト(scenario testing), ユーザシナリオテスト(user scenario testing)

ISTQB用語集より

「ユースケーステスト」の解説の中に「シナリオテスト」も含まれているように書かれており、

ほぼ同義として扱われているようです。ま、ぶっちゃけ別にごっちゃになって使っても何も問題ないと思いますが・・・・

とはいえ、では具体的な違いって何なのしょうか?

「シナリオテスト」と「ユースケーステスト」の大きな違いは何?

結論から言うと、2つの大きな違いは

「テストベースとするものが違う!!!!」

です。

  • 「ユースケーステスト」-> ユースケースをテストベースにテスト設計
  • 「シナリオテスト」-> ユースケースに限らず色々なものをテストベースにテスト設計

という事だけです。

では、「ちょっとユースケース作ってよ」と言われた場合の書き方は?

ユースケーステストのテストベースとなる「ユースケース」ですが、絶対コレ!という決まった書き方はありません。が、、

「ユースケース フォーマット」でググると、一般的な「ユースケース」の書き方が色々と出てきます。

せっかくなのでフォーマットの一例をご紹介

ユースケース名ユースケースのIDや名前を記載
目的このユースケースを実行する事で達成される目的
アクターユースケースに関係するユーザーやシステム
事前条件その名の通り、このユースケースを実行する為の事前条件
事後条件その名の通り、このユースケースを実行した後に満たす条件
メインフロー簡単に言うと、そのユースケースを達成する手順
代替フローメインフロー以外での手順で達成できる手順があればそれを記載
例外フローこんな場合、このユースケースを最後までできなよーって手順を記載
備考ま、その名の通り、備考

上記のような事を、「ユースケース作ってよ!」と言われたらスプレットシートなどにに記載して作ったらいいんじゃないでしょーか???

というわけで、シナリオテストとユースケーステストの違いを3分で理解する説明でしたー

参考文献